本当にリスクはない?jリートによる投資信託

リスクが少ないjリート

不動産を扱うファンドとしてjリートはリスクが少ないとよく言われます。投資信託を行いたいと考えたときにjリートを選ぶ傾向が強まってきているの理由として大きいのはリスクの低さでしょう。確かに不動産を扱っていて家賃収入がファンドの足元を固めているのは魅力的な点です。しかし、リスクは全く無いわけではありません。どのようなリスクが考えられるのかについて知っておく必要はあるでしょう。ともすると全ての資産を失う危険もあるのです。

最も大きい災害によるリスク

ファンドとしての性質を持っているのがjリートであり、価格の変動は必ず起こります。その原因として最も影響が大きいのが災害です。地震によって倒壊してしまったら一気に価値が下がるのは目に見えているでしょう。投資先の不動産が同じ地域にあると一気に全てを失う可能性があります。また、大雪や津波などのように広範囲に渡るものもあるので、地域を広く考えているファンドを選ぶことがリスクを減らすために欠かせないでしょう。

市場や金利の影響による価値の低下

災害ほどではないとはいえ、市場や金利の影響を受けてjリートは価値が低下するリスクがあります。不動産市場が低迷すればそれだけ価値が下がるのは明らかでしょう。家賃相場が低下すると分配金も少なくなります。一方、jリートでは十分な資金が集められずに必要な資金を借り入れしている場合があるので注意が必要です。その場合には金利の変動がファンドの価値に影響するようになり、価格も分配金も減ってしまうリスクがあるでしょう。

j_リートのファンドは、換金性の高さが魅力です。現物不動産の売買は早くても1週間程度の時間が必要ですが、本ファンドは上場されているため速やかに売却できます。