まずは口座開設から!口座管理も重要になる

初心者なら一つの会社でじっくり行う

金融機関に口座を作るとき、基本的には特に制限はありません。NISA口座となると一人一金融機関でしか口座を持つことが出来ませんが、一般の口座ならどこででも作ることが出来ます。初心者がファンドランキングを利用して投資をするとき、いくつもの会社で口座を持つよりも一つに限定した方が良い場合があります。複数の会社で持つと、非常に多くから選ぶ必要があるからです。一つの会社で良いファンドが選べるようになれば、その先のことも考えることが出来ます。

手数料のことを考えてお得な会社で投資

ファンドに投資をするとき、必ずと言って出てくるのが手数料です。購入をするとき、維持をしているとき、売却をするときなどいろいろな段階で手数料がかかります。1万円当たり100円でも、それが100口あれば1万円になります。となるとできるだけ手数料が低い方が良くなります。ファンドランキングから投資をするとき、複数の証券会社などで口座を作るのが良いことがあります。同じ商品でも、会社によって手数料が異なります。安くなるところで買った方が得になります。

銀行の口座が良いか証券会社が良いか

株式投資は証券会社でしか口座を持てません。でもファンドの場合は銀行でも持つことが出来ます。郵便局や生命保険会社でも持つことが出来ます。ネット系であればどこで持ってもあまり変わりはありませんが、店頭によく行くのであれば行きやすいところを選ぶ必要があります。証券会社はあまり支店や窓口がないので、大手などしか利用できません。銀行であれば身近なところに支店がある場合があります。証券会社よりも利用しやすくなる場合があります。

ファンドのランキングとは、多数の投資家から集められた資金をまとめ基金にして収益を還元する仕組みである「投資信託(ファンド)」のうち、人気の高い銘柄のことです。