高校転校という選択!人生はどう変わるのか

基本的には珍しいことではある

中学を卒業するとほとんどが高校に入学しますが、その大半はそのまま同じ高校を卒業します。なので、高校の転校は一般的に考えると珍しい事ではあります。ただ、珍しいからと言って決断を変える必要はありません。どうしても転校したい理由が発生したのであれば、よく考えて決断するべきです。高校の3年間は人生と比べると短い期間ではありますが、とても内容の濃い3年間です。無駄な3年間を過ごさないように、ベストな選択をします。

ネガティブな理由では駄目

高校の転校は、ポジティブな理由であれば良いですが、ネガティブな理由であれば駄目です。例えば他に挑戦したいことができて転校するのであれば問題ありませんが、先生と喧嘩して気まずくなったなどの理由であれば意味がありません。先生と良好な関係を築けないというのは一種のストレスではありますが、転校先でも同じ問題が発生するかもしれません。逃げるように転校するのではなく、今抱えている問題をしっかりと解消する努力をするべきです。

転校したら気を付けること

いざ高校を転校したら、出会う全ての人が初対面となります。高校1年生の前半に転校したのであれば友人関係があまり構築されていないかもしれませんが、例えば高校2年生で転校すると、既に友人関係が構築されている集団に溶け込む必要があります。なので転校をしたら黙って座っているのではなく、積極的にコミュニケーションしなければ適切な人間関係を構築できません。このような難しい部分もしっかりと頭に入れて転校を考えたいです。

自分の将来の可能性を広げる選択肢の一つに高校を転校することがあります。自分の高校と将来の夢へのズレが生じたとき,転校することで夢に向かっていくことができます。