亡くなってからでいい?早めに行う相続税対策

亡くなってからでは遅い場合がある

資産があり遺族がいる人であれば、その資産は遺族、つまりは相続を受ける人に渡ります。資産が少なければ税金はかかりませんから、そのまま相続されます。しかし、資産が多い場合には税金がかかります。できるだけ減らそうと税理士に依頼をすることがありますが、亡くなってからではいくら税理士でもできることは限られます。ですから、亡くなる前から少しずつ依頼をする必要があります。生前に行っておけば、節税できる可能性も高くなります。

毎年少しずつ贈与する方法を教わる

一定の資産を持っている場合、亡くなった後に相続税がかかることはある程度想像できます。その時は税理士に依頼をすることで、税金を減らす方法を考えてもらいます。方法としては、相続財産を減らすことが挙げられます。結果としては相続を受ける人に資産が移ることになりますが、必ずしも亡くなってからでないとできないわけではありません。贈与でも行えます。1年にいくら以内の贈与ならかからない仕組みがあるので、それを利用して少しずつ資産を渡しておきます。

財源をどうするかの相談をする

かなり資産を持っている人の場合、まずは相続税がかかるであろうことはわかります。そしてそのための節税の方法を税理士に相談することもあります。ただ節税にも限界がありますから、いくら頑張ってもこれくらいかかりそうだとの予測ができます。そのお金は、亡くなってから一定期間以内に支払いをしなければならず、お金を用意しておく必要があります。税理士への相談では、単に節税の方法だけでなく、財源についても行います。不動産を売却する、生命保険を利用するなどがあります。

相続の申告を税理士に依頼する理由とは、ひとえに税理士が相続税に関する専門家だからです。税理士では相続についての一般的な相談から税務署への申告まで、相続の全てを網羅した総合的な対応が可能です。