資産運用には資金が必要?レバレッジを使う信用取引

資産運用にはレバレッジ

今持っている資産を少しでも大きくするために資産運用をするからには利益の拡大を図りたいのは当然ですよね。そのときに考えてみると良いのがレバレッジを使うことです。資産運用の方法として今持っている資産だけを運用するのではなく、借り入れをして一緒に運用することにより、より大きな利益を生み出せるのは想像に難くないでしょう。これがレバレッジの考え方であり、借り入れをして運用が可能な投資方法を選べば実現できます。

レバレッジの利く株式取引

株式取引はレバレッジの利用できる投資の一つです。信用取引を行うことによって借り入れを行って株式取引を行うことができるようになっています。基本的に運用したい資金額の3割前後の担保を払うことで、資金や株式を借りて運用することができる仕組みです。天井なしに大きなレバレッジを利かせることはできませんが、株式取引に使える資金がある程度あれば利益を倍化させることもできるため、資産を大きくするには優れた方法になります。

担保以外にかかる費用とは

信用取引をするときには担保を用意しなければなりませんが、それ以外にも費用がかかることは理解しておきましょう。借りるときには必ず金利や貸株料がかかります。また、通常の株式取引と同様にして売買の際には手数料がかかるため、その分も加味して取引を行うようにしましょう。十分にレバレッジを利かせて利益を上げていくようにすれば、金利などの余分な手数料についてもカバーできるはずです。資産運用の効果的な方法として考慮しましょう。

信用取引の担保は、現金だけでなく塩漬けになっている株式や投資信託も担保とすることが認められています。